www.agencefaceb.com

-

-

破産の申立てをすると知り合いに露見してしまうのではないだろうか、といった具合に頼りなく感じている方がいらっしゃるかもしれませんが、自己破産の申立てをしても司法機関から会社に書類がいってしまうことはまず考えられないので、一般的なケースならば明らかになってしまうということはないと言えます。一方、普通の場合、自己破産というものの申立が済んでいるならば、金融会社から自分の同僚に催促の連絡がいくようなことも考えられません。しかし自己破産による債務整理の申請を公的機関に行ってしまうまでの間であれば業者から部署の人間に書類が送付されることがないとも限りませんから、そのような引き金で秘密がばれてしまうといった不幸なことがありますし月給の回収を行われてしまうともちろん会社の同僚に知られてしまうことになってしまいます。そのようなことに対する不安があるのであれば司法書士や弁護士などといった専門家に自己破産申請の実行を任せてみるのをひとまず考えてみるのがよいでしょう。弁護士などといった専門家に委任をするということになれば直ちにすべての金融会社に受任したことを知らせる書面を送りますが、このような書類が届いた後債権者が借入者を対象として直接請求をしてしまうのは固く違法とされ禁じられていますから、会社に露見してしまうなどということもありません。また自己破産のせいで現在の会社を辞さなければならないのか否か、という疑問については、役所の戸籍又は住民台帳に烙印をおされてしまうといった事態はまったく考えれませんから、普通であれば勤務先に秘密が明らかになってしまうなどということは考えられません。最悪、自己破産手続きを申請したことが自分の同僚に気付かれてしまったからといって破産の申立てを理由に役職から辞めさせるということはあり得ませんし、辞職する必要性も当然ないのです。ただ、破産の申告が上司などに露見してしまうことで、会社に居づらくなってしまい自主的に辞職してしまうケースがままあるというのも本当です。給金の仮押えに関しては、民事執行法の中で差押禁止債権の枠内で給料・賃金といったものを定められておりそれらのお金においては4分の1という上限までしか差押えを許されていないのです。よって、これを除く75パーセントを押収を行うなどということは法律的に許されていません。加えて民事執行法においては標準的な世帯の最低ラインの必要経費を設定して政令として水準額(三三万円)を制定していますため、それを下回るならば25パーセントにあたる金額しか没収されないように制定されています。よって、借入者がそれを越えて月給を手に入れているとすれば、それ以上の給与に関して強制執行することができます。ですが自己破産に関する法律の改正によって債務返済に対する免責許可の手続きがあり、自己破産申立と同時に免責が決まる同時破産廃止などの処分が決まり自己破産申請の妥結が既になされていれば、借金返済の免責が決まり確約されるまでは、破産申立人の財の強制執行や仮処分、仮処分などというものが実行出来なくなりそれ以前に行われている仮処分に関しても取りやめるというように変えられたのです。さらには、債務の免責が決定・確定をした際にはそれより以前になされていた仮処分などといったものは効力を失うのです。

Copyright © 2000 www.agencefaceb.com All Rights Reserved.